Workflow

引き渡しまでの流れ

新築住宅の場合、設計開始から引き渡しまでに約1年〜1年半かかるとお考えください。
依頼が混み合う時期は、設計開始までにお時間を頂くこともありますので、早めにご相談をお願いします。

※ 住宅以外の新築の場合も、基本的な流れは住宅と同様ですが、設計期間や設計料が異なります。別途お問い合わせください。
※ 増築,改築,改修(住宅・店舗の内装等)、用途変更など新築以外の工事種別の場合、内容や流れが変わってきます。別途お問い合わせください。


STEP 01 お問い合わせ

まずはメールやお電話にて気軽にお問い合わせください。
メールの場合は、用途・敷地場所・土地情報・ご予算・スケジュール等を可能な範囲で記載願います。
ご面談の日時等を調整させていただきます。

○ 土地探しについて

敷地が決まっていない場合もご相談に応じておりますので、まずは気軽にご相談ください。購入を検討している土地に対して、法規上の注意点を交えながら建築家の視点でアドバイスを致します。


STEP 02 ご面談

お問い合わせ頂いた後、来所いただき、弊所の設計についての考え方、仕事の流れなど説明させていただきます。(ご希望があればこちらから出向かせていただきます。)
また、ざっくばらんにご要望やご予算、期間などをお話しましょう。今の暮らしやこれからのことについて、不安や疑問点など、いろんなお話をお聞かせください。

※ 敷地が決まっている場合は、敷地に関する資料をお持ちください。
※ 面談を経て具体的な提案をご希望の場合、提案料の料金体系をご確認頂いた上で、ヒアリングシートをご記入頂き、初回提案に進みます。
※ 初回提案は無料で対応させていただきます。


STEP 03 ヒアリングシートの記入&確認

初回面談を経て私たちと設計を進めてみたい、と思ってくださる方には『ヒアリングシート』を記入していただきます。この取り組みはお施主さんが住まいや暮らしに求めていることをまとめる良い機会となり、ご家族での対話を引き出す役目も果たしてくれます。
シートのご記入が終わり次第、私たちと読み合わせを行います。これは私たちがとても大切にしているプロセスで、行間に隠されたお施主さんの意図を読み取り、設計するための大事な与件を整理します。


■ STEP 04 初回ご提案(約1ヶ月)

ご要望と敷地の資料をもとに現地調査や法規制の確認等を経て、図面・模型・スケッチ等により初回提案をさせていただきます。また、間取りだけではなく、家づくりの大まかな予算組やスケジュール、打合せの流れに関してもお話しさせていただきます。
もちろん初回の提案のまま全てを進めていかなければならない訳ではなく、打合せを経て、計画はみるみる豊かに成長していきます。計画案そのものはもちろんですが、私の建築に対する考え方や人となりを見ていただき、それらをもとに今後進めていけそうかご検討いただきます。
その後、必要に応じて第2回目提案へ向けて改めてご要望をお聞きします。

*初回提案までの費用は発生しません。

*第2回目提案以降の提案料については下記の通りです。
 ・一般的な規模の住宅(住戸面積〜200㎡):55,000円(税込)
 ・その他:規模、内容により異なります。お問い合わせください。

※ 上記費用を第2回目提案当日までにお支払いください。
※ 契約に至った場合、この提案料は設計監理料に充当します。
※ ご紹介や当方からのお申し出の場合は第2回目以降の提案についても無料といたします。
※ 提案をご覧になって頂き、私どもと前へ進むのが難しいとご判断された場合は、この時点で打ち切りとさせて頂きます。(その場合、資料の返却を願いますと共に、図面の転用は固くお断りしております。)


■ STEP 05 ご契約

私たちの提案の方向性に納得いただき、ご依頼を頂ける場合、「建築設計・監理業務委託契約」を取り交わします。

*設計監理契約時:設計監理料の10% ー 提案料

※ 契約に至った場合、設計監理料に提案料を充当します。
※ 契約に至らなかった場合、資料の返却を願いますと共に、図面の転用は固くお断りしております。


■ STEP 06 基本設計(約2ヶ月)

敷地条件や関連法規など確認の上、建物の基本的な形を決めるプロセスに入ります。提案書をもとに、より具体的にプランをつめていきます。
打合せを重ねながら、最終的なプランを決定します。また、資料やサンプルをもとに、主な仕上げの素材や設備機器などを決定します。
設計の基となる段階なので、時間をかけて納得できるまで打ち合わせをします。

 *基本設計完了時:設計監理料の20%


■ STEP 07 実施設計(約3ヶ月)

基本設計をもとに工事費見積もり及び工事発注用の図面を作成します。
工事に必要になるすべての仕上・仕様を決めていきます。図面もより詳細に描いていくことで、工事見積の精度を高めます。
また、建築確認申請のため関係官庁や確認検査機関などとの協議を行います。
実施設計中も細かな点をご確認頂くために、基本設計時と同様にお打合せをお願いします。


■ STEP 08 工事見積・工事契約(約2ヶ月)

選定した施工業者さんに見積を依頼します。
ご予算に合うように、見積書の精査と必要に応じた減額案の作成を行い、発注先を決定します。
見積調整の後、見積金額に合意いただけましたら、お施主さんと施工業者さんで「工事請負契約」を取り交して頂きます。
並行して、建築確認申請などの行政手続きを行います。施工業者さんと契約後、建築確認済証が下りた後に工事がはじまります。
各種ローンのお手続きも必要です。

*建築確認申請時:設計監理料の40%


■ STEP 09 工事着工・工事監理(約6ヶ月)

工事が設計図通りに行われているか第三者の視点で監理し、法令で定められた確認検査機関による各種検査への対応もします。
施工業者さんへの指示及び施工図の確認を行い、おおよそ週1回ペースで現場へ出向きます。現場監督・各職人との技術的な打ち合わせなど、現場を進めながらもより良い建築になるようアイデアを出し続けます。
最終的な仕上げ素材や色の検討を行い、お施主さんには必要に応じて現場でのお打合せをお願いします。

*上棟時:設計監理料の15%


■ STEP 10 お引き渡し

施工業者・設計者・建主により工事完了の検査をします。
また、確認検査機関による完了検査を受け、検査済証を受領します。
上記検査を経て、竣工引渡となります。
お引渡し前には竣工写真の撮影や完成見学会などをさせていただく場合がございます。

*引渡し時:設計監理料の15% + 確認申請料実費等


■ STEP 11 アフターフォロー

住宅の場合、アフターフォローとして3ヶ月、1年のタイミングで点検を施工業者さんと共に行います。
竣工後には私たちの新しいお施主さん候補の方を対象に内覧をお願いすることもありますので、長いお付き合いが続いていきます。


○ 設計監理料

新築住宅の場合:目安として工事費の9〜13%程度

*新築住宅の最低設計料は、230万円(税込)とさせて頂きます。

設計監理料について

よくあるご質問